幼児期への対応!生活に沿って保育士のシフトが組まれる

幼児クラスの一日の流れ

乳児クラスと幼児クラスでは、保育士の仕事の流れが変わってきます。幼児クラスは、順次登園で登園時間もまちまちなので、一人ひとりの子どもが登園してきた時点で健康状態を把握することから一日が始まりますよ。午前中は、自由遊びや年齢ごとに分かれた活動を行うことがほとんどです。遊びや活動を通して、健康な心身と人とかかわる力、思考力や感性などが育っていくように援助するのが主な仕事になるでしょう。その後、給食の準備を行い、子どもたちと一緒に給食を食べ、片づけた後、お昼寝の準備をします。子どもたちがお昼寝をしている間には、休憩時間もありますが、連絡帳の記入や打ち合わせなども行います。お昼寝のあとは、おやつ、好きな遊び、降園前の集まりが行われ、お迎えが来た子どもから降園となるのが通常の流れですよ。

シフトを組んで保育を行う

幼児クラスになると、子どもたちの登園および降園時間はまちまちです。保育所の保育時間は、原則八時間とされていますが、開所時間の最長は十二時間となっています。このような長時間保育を行うために、保育所では保育上の労働時間を考慮して、ローテーション体制で働くのが一般的になります。保育の途中で保育士間の引継ぎが行われ、それぞれの子どものその日の体調や朝からの様子などをしっかりと引き継ぐことも大事な仕事になるでしょう。一般的に早番が7時から15時45分、普通勤務が8時半から17時15分、遅番が10時45分から19時半という具合に、ローテーションが組まれることが多いです。

保育士の求人を大阪で探すなら、資格活かした就職活動を応援する、大阪保育転職フェアと言う催しがあります。

You may also like...