口腔ケアの専門家!歯科衛生士は女性に人気の職業

歯科衛生士ってどんな仕事?

歯医者さんに行くと、治療をしてくれる先生以外にも、いろんなスタッフがいますよね。なかでも歯石を取ってくれたり、歯みがきのアドバイスをしてくれる、歯医者さんと同じぐらい頼れる存在が「歯科衛生士」。治療の補助と口腔ケアの指導が主な仕事です。

歯科助手との違いは?

院内には、器具の洗浄や薬の準備など、治療の補助をしてくれるスタッフが数人いると思いますが、すべての人が歯科衛生士ではありません。歯科助手というアシスタントの立場の人もいます。ふたつの決定的な違いは、国家資格を持っているか?という点です。歯科衛生士になるには、指定の教育機関を卒業し、国家試験に合格する必要があります。しかし、歯科助手については、特に資格は必要ありません。職種で言うと「一般事務」と同じなんだそうです。なるほど、受付と兼任している人も多いですよね。

女性が働きやすいって本当?

歯医者はコンビニよりも数が多いってご存知でしょうか?確かに、引越ししたての頃は「どこに行こうか?」と迷うことが多いです。ということは、職場の選択肢も多いということです。また、診療日や時間がきっちりと決められていますので、残業や休日出勤もほとんどないです。医療系の国家資格は一生ものですし、結婚・出産を経ても続けられる、女性には理想的な仕事でしょう。

働きやすい職場は?仕事をみつけよう!

数多いクリニックの中から、自分にあった職場を見つけるには、どうしたらいいのでしょうか?求人誌や求人サイトなど、いろんな方法がありますが、給料等の雇用条件と同じぐらいに重要なのは、院長や歯科医との相性だと思います。そのクリニックの雰囲気など、口コミサイトでリサーチしておくとよいでしょう。

歯科衛生士の転職先を探すには、歯科衛生士専門の求人サイトを活用することが大切です。自分が経験を積んできた分野を活かして転職をすることができます。

You may also like...