どう選ぶ?就活に使える腕時計選びの2ポイント

就活に使う時計、気をつけたいことは?

就活で大切なことは、企業に好印象を持ってもらうこと。服装はもちろんのこと、鞄や靴までチェックされています。腕時計もそのひとつ。時計は自分では意識していなくても意外と目に付くアイテムです。つけないのであればそれでも問題はありませんが、つけるのであればきちんとしたものを選びましょう。では、どんな時計なら好印象なのかポイントをご紹介します。

デザインはすっきりシンプルに

よほどのお金持ちの家のご子息・ご令嬢でなければ、あまりないとは思いますが、ハイブランドのゴージャスな時計はNG。また、それを模したようなデザインのものも好まれません。機能が充実してストップウォッチ機能や万歩計までついている大きな腕時計というのも就活では必要なさそうです。仕事に必要なのは仕事中邪魔にならないデザインと時間が見やすい時計です。それが理解できているかというところが問われるのでデザインはシンプルなものを選びましょう。

どんなカラーがおすすめ?

おすすめはシルバーメインで黒・紺・茶などのベーシックカラーを使ったもの。女性なら淡い色を使ったものの方が柔らかく品のある感じになるため、より好印象です。原色のポップな色合いは、リクルートスーツに合わせると浮きます。一部のデザイン系などの企業を除いては、個性的なものよりも当たり障りのないものが常識とされます。個性よりも協調性を重んじる社会では、その場にふさわしいとされるものを身につけていることが重要視されます。

時計選びも就活のひとつ

腕時計なんて気にしなくてもと思われがちですが、就活では仕事に対する姿勢をチェックされます。内面を知ってもらうためにも、まずは見た目から整えることが大切です。時計やスーツ選びも社会人になるためのステップと考えましょう。

新卒紹介サービスは、若くてこれからの将来を任せられるだけの人材を見つけられる便利なサービスであり、多くの企業が利用しています。

You may also like...